漬けておくだけで使い道がいろいろあるので、切らしたことがないドライトマトのオリーブオイル漬け。
昨年夏にたっぷり作って大事に食べていたバジルペースト。

トースターでチーズが溶けるまで焼くだけ。

a0241378_13471784.jpga0241378_13471984.jpga0241378_13472154.jpg

+ レシピ +

パンを食べやすい一口大に切って、耐熱皿に並べたら、バジルペースト、ドライトマトのオリーブオイル漬け、チーズをのせて、オーブントースターでチーズが溶けるまで焼く。我が家のは5分くらい。

●パンを細長く切っても美味しい。
この時は、酒のつまみにしたかったので、一口大に切った。
●好みでタバスコをかけてもいいし、トマトソースをかけてもいい。



+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


[PR]
# by maflat | 2018-07-06 13:51 | パン
ジャムというほど煮詰めず、さらっとした感じにする。
ヨーグルトにも合うし、炭酸割りにして飲んでも美味しい。

沢ぱんさんの美味しいバゲット、気泡にたっぷりソースがしみて美味しい美味しい!

a0241378_17283719.jpg


+ レシピ +

ブルーベリー(冷凍):450g
甜菜糖:100g(長期保存したい場合は200gまで増やしても良い)

1、鍋にブルーベリーを入れて甜菜糖をまぶし、ブルーベリーからたっぷり水が上がるまで待つ。
一晩くらいおいてもいい。
2、火にかけ、沸騰したらアクを取り、ブルーベリーを食べてみて好みの硬さで火を止める。
3、熱いうちに煮沸消毒したビンに詰め、逆さまにして脱気する(やり方はジャムと同じ)

●サラサラとスープのような部分も美味しいので、私は沸騰してアクを取ったらすぐ火を止めている。その分、できるだけ美味しい砂糖で作りたい。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++





[PR]
# by maflat | 2018-07-05 17:34 | 保存食
鉄板の組み合わせ。
誰もが一度は食べたことがあるかもしれない。

だからこそ差がつくかもしれない。
美味しいバゲット、美味しいしらす、美味しいチーズ、美味しいオイル・・・
素材が命。

沢ぱんさんのパンは、おやつではなくちゃんと食事になる。

a0241378_19420828.jpg

+ レシピ +

バゲット
◆しらす
◆チーズ(溶けるタイプならなんでもいい)
◆オイル(オリーブオイル、菜種油、アボカド油などが合うと思う)
◆青のり

バゲットを1センチ幅くらいに切って、◆を全部混ぜたものを乗せ、オーブントースターでチーズがこんがりするまで焼く。
仕上げに胡椒をひいて食べる。


●オリーブオイルにする場合は青のりよりもバジルやパセリがあう
●オイルは混ぜずに、仕上げにかけても良い。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++


[PR]
# by maflat | 2018-07-04 19:46 | パン
徳島県の神山町で古民家に暮らし畑をしながらパンを焼いている沢ぱんさん。
力のある本当に美味しいバゲット。

軽くトーストして、美味しい卵を手に入れて、ココナツオイルを多めにひいて、
オイルを抱き込むように卵を焼き、挟んで食べた。美味しい!

a0241378_19273880.jpg

+ レシピ +
バゲット
ココナッツオイル
塩胡椒
ドライパセリ

1、バゲットは2枚分位の厚さに切って、間に切れ込みを入れる。(下は切り離さない)
2、卵を軽く溶いて塩胡椒・ドライパセリを入れて軽く混ぜる。
3、卵焼き器を温め、ココナツオイルを多めに敷く。
4、ココナッツオイルが温まったら、トースターでバゲットを温め始める(3分くらい)
5、卵焼き器に、2の卵液を一気に流し入れ、箸でぐるぐるかき混ぜる
6、生っぽい部分があるくらいで火を止め、トースターから出したバゲットに挟んで食べる。

●卵にはミルクを入れても良いが、ココナッツオイルの風味を楽しみたいので今回は入れなかった。
●簡単だからこそ温度が大事。パンの焼き上がりと卵の火の通り具合が好みの感じに、が同時にできたら幸せ。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++



[PR]
# by maflat | 2018-07-04 19:37 | パン
今年、毎年作っている梅シロップなのに、なぜか酢を入れ忘れた。
やっぱり少し物足りないというかサッパリしないというか・・・

飲むよりゼリーにして、完熟のプラムを果汁ごと添えたら美味しかった。

a0241378_20462772.jpg


+ レシピ (18×13ぐらいの琺瑯容器1個分) +

梅シロップ:120cc
水:480cc
板ゼラチン:10枚(1枚1.5g)=15g
プラム;好きなだけ・・・レモンやすだちの果汁を絞ったりしても美味しいと思う

1、板ゼラチンをたっぷりの水につけて戻す。(2〜3分)
2、梅シロップと水を合わせて火にかけ、温まったら火を止め、1のゼラチンの水気を切ったものを入れ、ゴムベラで混ぜ、溶かす。
3、ゼラチンが溶けたら、鍋底を氷水に当て、粗熱が取れるまでかき混ぜる。
4、粗熱が取れ、少しとろみがついてきたら、漉しながら琺瑯容器に入れ、冷蔵庫で一晩冷やし固める。
5、食べる分だけ器に取り、プラムを果汁ごと合わせていただく。

*ゼラチンは沸騰させるとタンパク質が壊れてしまい固まらなくなるので気をつける。60度くらいが良い。
*この分量はかなり固めのゼリーが出来る。寒天ぽくしたかったのでゼラチンを多めにした。
 水分量の2〜3%で固まるので、12gくらいまで減らしても良い。初めからグラスなどに作るならもっと少なくても大丈夫。
*粉ゼラチンでも構わないが、板ゼラチンの方が臭みが無く、透明感が出る。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++



[PR]
# by maflat | 2018-07-01 07:01 | 冷たいおやつ

有り難い毎日の連続。今を大切に、繋ぐ。


by maflat